ヤフオク自動入札ソフトで自動端数入札をする

ヤフオクで入札をする場合、『端数入札』を利用していますか?

※端数入札とは?※

入札をする際、入札単位に1円、2円などを上乗せし入札を行う事。
時には、この端数のおかげでオークションに勝つことも。




この端数入札ですが、結構クセ者だったりします。

どういうことかと言いますと、ヤフオクで入札をしたい人にとっては
『端数入札』をしてできるだけ安く落札できたらラッキーですよね。

しかし、ヤフオクで出品している方からすると管理がめんどくさいとか
落札金額に影響があるなどの理由で『端数入札』を嫌っている出品者がいることもまた事実です。

オークションによっては、商品説明欄に端数入札お断りと記載している出品者もいます。

でも、入札をしている方にとっては『端数入札』をしてできるだけ安く商品を落札したいですよね。

端数入札お断りの出品者に出会ってしまったら、そういう出品者は避けて『端数入札』を行いましょう。

普段『端数入札』を行うとき、端数の値段をいくらで入札していますか?

1円だったり2円で入札している方もいると思いますが、
パワーセラーというソフトを使えば自動的に入札金額にプラス1円で自動入札を行います。

設定方法は、簡単。

自動入札を行いたい商品があったら、入札予約画面で『端数入札』にチェックをいれるだけです。

端数入札
こうしておくだけで、ソフトが自動的に入札をするときにプラス1円の金額で自動入札を行います。

端数入札は入札をする方にとっては、数少ない武器の1つなので
端数入札を普段から多用している方にはオススメです。

>>>端数入札の自動化もできる!ヤフオク自動入札ソフトの詳細

SNSでもご購読できます。